③ ダイエットで糖質制限をするやり方を紹介!これで私は5ヶ月間で8kg痩せたんです!

この記事は約4分で読めます。

私は46歳、男性。去年の職場の定期検診で「太り気味」と診断されました。

コロナ自粛のせいか、この2年で6kg太ったためです。

この屈辱を機に一念発起して糖質制限ダイエットを始めたところ、5ヶ月で8kg痩せることができましたので、私の経験をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

運動不足と間食、魔のループで6kg増。

この2年、世界を騒がしている新型コロナウイルス。2年前から自粛自粛で、悶々とした生活が続いていますね。

 

私もコロナ前は、スポーツジムに毎日のように通っていましたが、第1波の時にスポーツジム業界が槍玉に上がってしまったので、やむなく退会。仕方なく、設備が乏しい公営プールや町営トレセンで水泳や筋トレを一人黙々とやっていましたが、緊急事態宣言のたびに何度も休館。休館中は、大好きだった運動の機会を完全に失ってしまいました。

 

コロナによって突然、趣味を取り上げられた格好になりましたが、家で鬱々しているのも嫌だったし、ちょうどその頃、特別給付金でひとり10万円の臨時収入があったこともあり、新たな趣味を開拓しようと、巷のビッグウェーブに乗ってソロキャンプを始めました。

 

一人でキャンプ場や河川敷に行き、木を拾って切って割って、火を起こして、飯を作る。これはこれで新鮮な経験で、楽しかったのですが、ここで思わぬ副作用が。

 

食べ過ぎました。

 

だって美味しいんだもの、外で食べる食事は。いい景色と美味しい空気に囲まれて食べる食事。飯盒で炊いたご飯と鉄板で焼いた肉。美味しくないわけがない!お腹パンパンになるまで食べまくりましたよ。

 

これじゃ、太りますね。運動不足も相まって、1年と数ヶ月であっという間に小デブおやじになってしまいました。

 

 

スポンサーリンク

これはいかん!と糖質制限ダイエットを開始!

これをきっかけにダイエットを開始。いろいろな方法がある中で糖質制限ダイエットを選びました。

 

糖質制限ダイエットを選んだのは、空腹を我慢するのが嫌だから。主食の米やパンは制限しなければいけないけど、おかず関係はあんまり制限しなくてよさそうなので、空腹の心配がなさそうにみえたんですよ。

 

そんな感じで始めた糖質制限ダイエット。私流の食事は、だいたい決まっています。

 

朝食は、ごはん・納豆・冷奴・ゆで卵。

昼食は、簡単温野菜とゆで卵とサラダチキンのお弁当。お弁当箱の容量は900ml。簡単温野菜は、スーパーで買った冷凍のブロッコリー・おくら・カリフラワー・ミニキャロット・パプリカ・大豆をレンジでチン。味付けはハーブソルトのみ。

泳ぐ前・筋トレ前の補食は、ごはんかパン。18時くらいに食べます。

夕食は、納豆・冷奴・キムチ。寝る前にプロテイン。

毎週日曜日は好きなものを腹一杯食べる日にしています。制限ばかりじゃストレスが溜まってしまうから。

 

というわけで、ごはん&パンの糖質類は朝ご飯と夕方の補食のみに制限。夕方以降に糖質を摂らないで、夕食を極力軽く済ませるのがミソだと思っています。

 

こうして、食べるものを選べば、主食は摂らずともお腹いっぱい食べても大丈夫なので、ムリなく取り組めますよ。

 

 

スポンサーリンク

糖質制限で8kg痩せて、腰回りもスッキリ。

この食事と週5回の運動を5ヶ月続けて8kg痩せました。あまり無理している感はないので、もう少し続けてマイナス10kgまでやってやろうと思ってます。

 

8kg痩せると見た目が変わります。

フェイスラインがスッキリして、小顔になりました。鏡を見るのが楽しくなりますね。

 

あとは、腰回りのぜい肉がぐっと落ちました。ズボンのベルトが1サイズ小さくなり、体が軽くなりました。お腹にうっすらとシックスパックの「名残り」的なものが見えて、これまた鏡を見るのが楽しくなります。

 

体型が戻ると、自分が若くなったような気がします。気持ちが若くなると活動的になるし、活気がみなぎっているのが自分でもわかります。程よく痩せて、悪いことはないですね。

 

 

スポンサーリンク

ダイエットで糖質制限をするやり方:さいごに

男、46歳。覚悟のダイエットをまとめてみました。

糖質制限ダイエットは、正しくやらないとエネルギー不足になって体に良くないですが、食べるメニューを選べば、お腹いっぱい食べても問題ありません。

見た目がスリムになって、気持ちも若くなってイイことずくめなので、これからも続けていこうと思います。

生活
えくまをフォローする
スポンサーリンク
我が家の笑い
タイトルとURLをコピーしました