知ってると超便利な洗濯温度の 基準値!幾つかの小技まとめ

ワイシャツ画像 家事

毎日の洗濯で気をつけていることってありますか?

 

 

 

一人暮らしの洗濯だとなるべく節約しようとして、

 

 

最初の1回目に洗う時お風呂の残りのお湯を使ったりしますよね。

 

 

気にしないって人もいると思いますけど…。

 

 

 

姉と2人暮らしをしていた時、

 

 

“お湯で洗うと汚れもキレイに落ちる”

 

 

なんて言っていたのを思い出します。

 

 

本当のところどうなんだろう?

 

 

洗濯するのに温度って何か関係しているのかな。

 

 

もしそうだとしたら洗濯の温度の基準値ってあるのかな。

 

 

 

知っているようで知らない、でも毎日のことだから知りたい!!

 

 

洗濯の基本についてみていきましょー。

 

 

 

 

【洗濯の時に水の 温度によって 縮む!?体験談を語るわ】

 

洗濯物

洗濯時の温度が高いと、服が縮んでしまう…と

 

聞いたことはないですか?

 

 

実は私も姉と暮らしていた時、お風呂上がりの熱いお湯で洗濯すると、

 

 

お気に入りの服が縮んでしまった!

 

ということがありました。

 

 

でも通常の水温で洗濯した時も同じように縮んじゃったんです。

 

 

そうなんです!

 

服が縮む理由に水温は直接関係はないみたいです。

 

 

そもそも、服が縮む理由として、

 

服が水分を吸うこと自体にあるからなのです。

 

 

あとは洗濯時の摩擦によるのも原因になるようです。

 

 

なので、長〜い時間洗濯することは服が縮んでいたんでしまうので

 

 

気をつけましょー。

 

 

 

 

とは言っても!

 

 

ウールやカシミヤなど、

 

服の素材によって洗濯の温度表示マークがあるので

 

それに合わせた温度で洗濯するのはいうまでもないですね。

 

 

そして洗濯とすすぎの温度差によっても縮むことがあるようなので、

 

 

お気に入りのセーターなどは分けて別の方法で洗うといいですね。

 

 

 

私がやっていたのは、手洗い。

 

大きめのバケツにグチャグチャにならないように入れて、

 

洗剤をやや入れます。

 

それから、少しつけ置きします。

 

 

洗い方ですが、自分の手が洗濯機の代わりになると思えばいいので、

 

セーターを押したり持ち上げたりして手洗います。

 

 

この時強く激しくやりすぎないようにするのがコツです。

 

 

優しくゆっくりこの動作を繰り返し、

 

気になるの汚れの部分は重点的にするっといった感じです。

 

 

すすぎも同じようにして下さい。

 

 

脱水ですが、手で絞ると型がついてしまうという恐れがあるので、

 

これは洗濯機の脱水機能を使います。

 

ただし!これも時間短めに!

 

 

1分ないくらいでいいみたいですよ!

 

 

 

 

【洗濯の時の 温度で 洗浄力が全然違う!汚れを真っ白にする裏技】

 

 

 

もっとも気になるのが…

 

 

洗濯の時の温度で洗浄力が変わるのか…!?

 

 

変わります!!

 

 

食器洗いでもなんでもそうですが、

 

 

温度が高いほど汚れは落ちます。

 

 

よって、洗濯の水温が低いよりは高い方が洗浄力は上がるんです。

 

 

 

それに、温度が高いと洗剤も溶けやすいので、溶け残りも防げます。

 

 

服に洗剤の残りが固まってついてる…なんてことにならないんです。

 

 

 

さらに、お湯は服の臭いも取ってくれますしね。

 

 

こう考えるとメリットだらけ!

 

 

 

ただし!

 

 

先ほど考えたように、温度が高ければいいというわけでもないんです。

 

 

あまり熱すぎると服の生地を傷めたり、色落ちしてしまう、

 

 

という可能性が高くなります。

 

 

 

それで、適切な温度の基準で洗いましょう!

 

洗濯の適度な温度は20〜40度といわれています。

 

 

なるべくお湯で洗いたいことを考えると、40度くらいがいいでしょう。

 

いわゆるぬるま湯ですね。

 

 

そう考えると…、お風呂の残りのお湯を使うというのはとってもいい方法!

 

プラス節約できて経済的!!

 

 

 

でも40度で、頑固な汚れも取れるのか…!?

 

って思いますよね。

 

 

お湯で洗うといってもしつこい汚れはなかなか難しいですよね。

 

 

それで、頑固な汚れのある洋服は前もってバケツなどに

 

つけておきましょう。

 

 

その際、温度も50度くらいの高めのお湯を使ってつけてください。

 

 

この時長くつけないようにしてください。

 

色落ちの原因になります。

 

 

 

そのようにしてから、他の服と一緒にぬるま湯で洗濯すると、

 

洗浄力がさらに期待できます!

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

コツが分かりましたか??

 

 

毎日の洗濯なので、

 

それに大切な洋服のためなので、

 

ちゃんと洗濯の基本を知っておきたいですよね。

 

 

ポイントは…、

 

 

「お風呂の残りのお湯などぬるま湯を使うこと」

 

「長く時間をかけすぎないこと」

 

「セーターなどの素材の服は、別洗いすること」

 

「頑固な汚れのある服は高めの温度で別につけ置きしておくこと」

 

 

などなどでした!!

 

 

 

毎日の洗濯を失敗しないために、

 

 

コツを掴んで主婦力を是非アップしてください!!

私ごと
元気者
youkuru

自由に生活をエンジョイしているフリーランスです。
常に世の中のことにアンテナを張っていますが、取り分け身近なことから発信して行きます。

youkuruをフォローする
家事
youkuruをフォローする
ご飯ではなくパンですよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました