知らないと損する夜間頻尿 原因 高齢者についてのマル秘情報!

高齢者を手を握る画像 身体の管理
>>>▼▼▼ 全品送料無料のお試しサンプル! ▼▼▼<<<

夜間頻尿とは、夜間に1回以上排尿のために起きなければならない症状のことを言います。

加齢にともなって男女ともにおこってくる症状ですが、日常生活に影響を与え、生活水準を落とすことにも繋がる症状です。

 

最近、ちょっとオシッコについて不安になってきた方に耳寄りな夜間頻尿の原因や症状、男女の特徴についてお話しましょう。

 

夜間頻尿の原因

高齢者夫婦の画像

ぐっすりと眠りたいところ、何度も尿意を感じて起きるのは不安になるものです。でも高齢になれば「排尿の加齢」は誰にでもおとずれるもので多かれ少なかれ避けて通れません。いずれおとずれるものであれば原因を知ってうまくつき合っていきたいものです。では夜間頻尿はどのようにして起こるのでしょう。

夜間頻尿の主な原因は3つあります。

・尿量の増加

・膀胱容量の減少

・睡眠障害

ひとつずつ解説します。

尿量の増加

加齢により、昼間夜間の尿量を調節する抗利尿ホルモンの分泌が減少します。これにより夜間多尿となり、頻尿の原因となります。信号が上手く調節できないので、夜に多くの尿が膀胱にたまり結果夜間頻尿になるということです。

 

膀胱容量の減少

加齢とともに、膀胱や、膀胱周りの筋肉が減少し、尿を保持する蓄尿機能が低下します。神経も徐々に細く弱くなり、膀胱自体への神経伝達も劣化し、機能的な膀胱容量が減ってきます。そのため、小さくなり機能も低下した膀胱に多量の尿がたまることで夜間頻尿となります。

 

睡眠障害

基本的に高齢者の眠りは浅く、分断されるため一旦寝てもすぐに目覚めて、そのたびに排尿が気になりトイレに行くことになります。

 

加齢により様々な身体機能が衰えるのは、つらいことですが、まずはその原因を理解することで改善方法を知り対処することができます。

 

次に加齢にともなう排尿や頻尿の男女の特徴についてもう少し詳しくお話します。

 

高齢者の夜間頻尿「男女の違いはあるの?」

 

高齢男性の特徴「男のプライドがある」今さら聞けないあれこれ

 

男性の場合は、加齢にともない前立腺の肥大がおこります。そのため慢性的に尿の出が悪くなり、それを補おうと膀胱の筋肉が肥大して厚くなります。その結果膀胱の容量が減り、頻尿、残尿からの尿もれなどが増してくることになります。また、夜間多尿なども並行しておこるため、頻尿となります。

 

夜中に何度もトイレに行くのが苦痛だ、人と一緒にいる時に何度もトイレに向かうのは恥ずかしい、膀胱の容量が少ないために頻繁に尿もれがおこるなど、排尿トラブルの症状は個々により原因が違う場合がありますので、まずは医師に相談して改善のアドバイスを受けましょう。投薬を行わずに生活習慣を改善するだけで症状が改善されることもあります。

高齢女性の特徴「お出かけしたいから」女性の対策あれこれ

 

女性の場合は、本来膀胱や尿道を支える骨盤底筋の力が弱く尿道も短いことや、加齢だけでなくお腹に力がかかるような動作、出産や便秘など骨盤底筋への負担が筋肉の緩みの原因となり、夜間頻尿を含む頻尿や尿もれがおこります。

 

女性の場合は、男性より比較的情報収集能力にたけているので、骨盤周りの筋肉エクササイズをしたり、頻尿や尿もれお助けグッズなどを賢く利用して外出も積極的に行なっているようです。

 

まとめ

 

これを読んでいるみなさんは、かかりつけ医をお持ちでしょうか?年をとれば、身体的な変化は常に感じるところです。小さなことだとほっておくとそれがだんだん大きなストレスとなり自分に返ってきます。

オシッコに関する問題は、なかなか人には相談しにくいものですが、小さなうちに相談することで、改善されストレスから解放されることもあります。

まずはなんでも相談できるかかりつけ医を持ちましょう。

夜間頻尿は、人により原因は様々です。コーヒー、タバコ、お酒を少し控えるだけで改善するかもしれません。膀胱周りの筋肉をトレーニングするだけで改善するかもしれません。逆に大きな疾患が原因のこともあります。

 

原因を知って、上手に体調管理をしていきましょう。

 

▼▼▼夏用クール寝具 さわやか涼感!▼▼▼

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました