受動 喫煙 法は 屋外でも適用される!?なぜ? わかりません!?

注意喚起の画像 生活

こんにちは!りさです。

先日、子どもと駅を出たら、目の前に喫煙所があり煙がもくもく。

喫煙者の方には申し訳ないのですが、ダッシュで通過!

「息をとめるのよ」と小声で伝え、子どもと走りました。

喫煙者が悪いわけではないけれど、子どもからしたら

”悪い事をしている人“=”悪い人“です。

 

2020年4月から改定された「受動喫煙法」のメリット・デメリット

受動喫煙法ってなに? 罰則があるの? どこでなら喫煙可能?

 

喫煙者も非喫煙者も快適に過ごせるため理解しておきましょう!

受動喫煙による影響「肺がんリスクを高める?!」

他の人のたばこの煙を吸い込むことを「受動喫煙」と言います。

 

「受動喫煙による疾患への因果関係はない」という説もあれば、

「肺がん・心筋梗塞などのリスクを高める」という研究者も。

屋外は天気や風は毎日違うため、統計が取れないとのことですが、

実際、屋外の喫煙所から25メートル離れた風下の地点でも、

たばこの煙に含まれる微粒子が、高い濃度で検出されたデータが!

 

結果、厚生労働省は「国際的な状況を見ても、受動喫煙は他者の

健康に悪影響があるという」を前提に対策をしているそうです。

ちなみに、無煙たばこも受動喫煙に影響があるみたいですよ。

これでもう迷わない!受動 喫煙 防止 条例 屋外のことがよくわかる話

さて、「受動喫煙防止条例」はいったいどんなことなのでしょう?

なんだか、喫煙者に厳しい条例のイメージですが、その意味は

「子どもや受動喫煙を望まない人を守る」人に優しい条例です!

 

2018年から、学校や病院や官公庁などの多くの人が利用する様々な

施設が、原則 屋内と敷地内の禁煙になっていました。

 

そして、2020年4月からはそれ以外の飲食店やオフィス、事業所、

交通機関など、様々な施設が「原則屋内禁煙」となりました。

 

 

「たばこを吸わない人がいる可能性がある場所では喫煙しないでね」

簡単に言うとこんな感じでしょうか。

 

一見「屋外喫煙」について規制はないようにみえますが、

駅などの人の多い場所での喫煙は×。

人の少ない場所を探す方が難しいですよね(笑)

 

そこで、屋外でも喫煙所を積極的に設置する動きがあります。

その設置条件もなかなか厳しいものの上、設置料も高額!

喫煙専用室の設置に関する補助金制度もあり、国も本気です。

 

法律なので、もちろん違反者には罰則がありまして・・・

「禁煙エリアで喫煙した者には最大30万円の過料」

「幾度の指導で改善しない悪質な違反者は最大50万円の過料」

 

今後、受動喫煙に対する配慮は屋外であっても厳しくなります。

それと同時に少しずつではあるものの、今ある施設の更新時期など

に合わせ、屋外喫煙所も徐々に良くなる傾向も!?あるようです。

ひとまず、屋外での喫煙は喫煙所のみ!が安心のようです。

 

ちなみに、東京都・神奈川県・兵庫県・北海道美唄市など独自の

受動喫煙防止条例もあり、該当場所では上乗せですのでご注意を。

 

日本人の受動 喫煙 防止 法が適用される 福祉 施設を掲載!!

 

受動喫煙防止法が適応される福祉施設(正式には「社会福祉施設」)

 

老人福祉施設(老人ホームや介護サービス)・障害者支援施設

障害者グループホーム・生活保護施設・婦人保護施設・母子父子福祉施設

精神障害者社会復帰施設・児童福祉施設・その他の施設

 

その中で、“原則敷地内禁煙”と厳しい条件なのが介護老人保健施設、

児童福祉施設や児童厚生施設など(20歳未満の者が在籍できない施設は別)

 

それ以外の社会福祉施設、老人ホームなどは喫煙専用室がある場合はOK。

 

有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅(住居)、特養の1人部屋などは

自宅と同じ位置づけで、法律では禁止されないようです。

 

【まとめ】

この条例の目的は2020年に開催予定のオリンピックに向けての事。

街が綺麗になり、子ども達の身近にたばこという存在がない事、

禁煙することで健康的な人が増える事などのメリットを感じます。

一方、喫煙場所が限られたことにより精神的に不安になる人や、

介護が必要な方が、外で喫煙する際の付き添いなど問題。

喫煙所が溢れている、いつも通る道に設置してあって困るなどの

デメリットも多々あります。

“思いやりのマナーで喫煙”を心がけていただけたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました