虫除けスプレーを飛行機に乗るときに持ち込みは良いの!?

備えと対応策

飛行機に乗って旅行するとき、行く場所によっては

とても大事になってくる虫除けスプレー。

虫刺されでかゆくなるのは嫌だし、病気に感染するのも怖いので、

持っていきたいけど、そもそも虫除けスプレーって飛行機に持ち込み

OKだったっけ!?って不安になることも多いですよね。

国内ならまだしも、海外になると現地調達するには

成分も何が入っているのかわからないし、

効き目が弱かったり、逆に強すぎたり…。

買いに探しても見つけられなかったときは最悪です。

ならば、やっぱり使い慣れた国内のものを持っていけたら安心ですよね!

虫除けスプレーは飛行機に乗るとき、持ち込みしてもいいのか調べていきましょう!

 

 

虫除けスプレーは飛行機に乗る時に預けるの?荷物の扱いは?

パスポート

飛行機に持ち込めるスプレー類は、航空法で大きく3つにわけられます。

・化粧品類

・医薬品類

・日用品、スポ-ツ用品

 

化粧品類は、ヘアスプレーや制汗スプレーなどで

虫除けスプレーは医薬品類にあたります。

このような身体や身だしなみのために使うものであれば

持ち込みをしてもいいとされています。

 

日用品類には、引火性ガスや毒性ガスが使用されているものもあり、

飛行機の安全運航の妨げになる恐れがあるために

飛行機への持ち込みも預け入れも禁止となっています。

 

持ち込みしてはいけないスプレーはどれなのか見分ける方法は

スプレーの裏の表記に『火気と高温に注意』と書かれているものです。

『火気』と表記されているものは引火性ガスを使用したものになります。

また、高圧ガスのスプレーも危険物になるので、機内持ち込みも預け入れも

できないので注意が必要です。

 

虫除けスプレーは医薬品類にあたるため、ガスのタイプでも液体のタイプでも

関係なく、条件を守れば機内持ち込みでも預け入れでも

どちらでもいいとされています。

でも、ルールがあります。

 

・ひとつの容器にあたり、500gまたは500ml以下のもの。

・ひとりあたりすべての液体類合わせて2kgまたは2Lまで。

・キャップがしっかりと閉じているか、噴射されないように保護されているもの。

 

2Lを超えることはあまりないとは思いますが、

女性ならば、虫除けスプレー以外にも化粧水や乳液など

たくさん持っていかなければならないことがあるので

すべて合わせたときに2Lになっていないかどうか気を付けましょう。

 

 

虫除けスプレーは飛行機に持ち込めるのか?国際線の場合?

 

国際線では、預け入れをする場合は問題ないですが、

機内に持ち込みをする場合は国内線よりも厳しくなり、注意が必要です。

国内線での持ち込みのルールに加えて、以下のものが増えます。

 

・ひとつの容器にあたり100g、または100ml以下のもの。

(中身が100ml以下でも容器のサイズが100mlを超えるものは不可。)

・容器はすべてジップロックのようなチャック式のプラスチック製の袋に入れる。

袋は縦20㎝×横20㎝以下のマチのついていないものを1人1枚とし、

容量が1L以下のものとされています。

 

もしも100mlを超えてしまうようであれば、スーツケースに入れて預けましょう。

すぐに使うものでないのであれば、スーツケースにあらかじめ入れておく方が

安心できそうですね。

 

まとめ

 

国際線の飛行機に乗る場合は、持ち込みのルールが厳しくなってきますが、

しっかり守り、旅行先についたとき不便のないようにしたいものですね。

蚊に血を吸われることで感染症におかされることもありえますし、

海外に行く際は気を付けたいところです。

持ち込みが不安なら、空港に向かう前にあらかじめ振っておけば問題ないですね。

また、最近はシールタイプの虫除けもあるので、そういうものも

うまく活用できればいいかもしれません。

 

▼▼▼夏用クール寝具 さわやか涼感!▼▼▼

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました