熱中 症とは何か!?その症状と対処方法を紹介します。

太陽がギラつく空 身体の管理

気温が上がってくるとよくニュースになるのが「熱中 症」です。

でもどれくらいの人がちゃんとこの熱中 症について理解でき

ているのでしょうか?

 

今回は、熱中 症について詳しくご紹介していいきます。

知らない間に自分もなっているということもあるので、しっかり

とチェックしておきましょう。

 

 

熱中 症に掛かった時の症状と尿の色がこれ!

太陽がギラつく空

まずは熱中 症というのが何か簡単に説明します。

 

熱中 症は、暑いところや湿度の高いところにいると体調が悪く

なってしまうことをいいます。

 

人間の体温はだいたい36度前後に保たれています。

これは、体の中で作られる熱がたまってしまわないように皮膚

表面から汗をかいたりして体の熱を逃がし、うまく体温を調節

できているからです。

 

ですが、気温が高いところや湿度が高いところに長時間いると、

体温を調節する機能がいつも通りに働かなくなり、うまく体内

の熱を逃がすことができなくなってしまいます。

 

体内に熱がたまってしまうことで体温が上昇し、急激にたくさ

んの汗をかき、水分や塩分が失われ、体調が急激に悪化し

ていきます。

 

熱中 症の症状は3つに分類されます。

 

☆Ⅰ度(軽度)

⇒めまい・湿疹・筋肉痛・こむら返り・熱けいれん・大量の発汗

 

☆Ⅱ度(中度)

⇒頭痛・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感

 

☆Ⅲ度(重度)

⇒けいれん・意識障害・手足の運動障害・体温が高くなる

 

熱中 症は、軽症の時はそれほど熱も高くないのですが、油断

するとあっという間に重症化してしまうことも少なくありません。

 

熱中 症による脱水などをいち早くチェックできるのが、尿の色

です。

 

警視庁警備部災害対策課の公式Twitterで紹介されているカラー

チャートを参考にしてチェックすることができます。

 

https://twitter.com/MPD_bousai/status/1159599568977219584?s=20

 

尿の色に変化がいつもと違うというときは、このカラーチャート

を参考にすることをおすすめします。

 

 

熱中 症の症状別の対処法を紹介

水

 

☆Ⅰ度(軽度)の場合

 

この場合、まだ意識もはっきりしていてその場で対処可能な状態

です。

まずは日陰で風通しの良い場所に移し、衣服をゆるめて保冷剤

などで首の周りや脇の下を冷やして体温を下げながら、経口補水液

やスポーツドリンクで水分と塩分を補給していきましょう。

 

☆Ⅱ度(中度)の場合

 

すでに判断力の低下もみられるので、できるだけ早く医師の診察

を受けるために病院に行きましょう。

病院に向かうときも、Ⅰ度と同じ対処をしながら向かうようにして

ください。

 

☆Ⅲ度(重度)の場合

 

すでに意識障害を起こしていたり、けいれんをおこしていたりする

ので、すぐに救急車を手配し、Ⅰ度やⅡ度のような対処をしながら

待ちます。

重度になると少しでも早く医師の処置が必要になります。

 

 

熱中 症を予防する方法も知っておこう!

帽子

 

熱中 症は気づかぬうちにどんどん症状が悪化していきます。

まずは予防する方法を知っておくことが大切です。

 

☆暑い季節はこまめに水分補給をする

 

1時間に1回を目安にこまめな水水分補給を心がけてください。

水分といってもなんでもいいわけではありません。

カフェインやアルコールではなく、水やお茶、スポーツドリンク

などで補給するようにしましょう。

 

☆直射日光は避ける

 

真夏に屋外で過ごすことがあるなら、必ず直射日光を避ける対策

を撮ってください。

帽子や日傘などもありますので、そういった物を使って上手に直射

日光を避けましょう。

 

☆エアコンや扇風機の使用

 

暑くても我慢できるといってエアコンや扇風機を使用しない方が

いますが、それが熱中 症の元になってしまいます。

自宅にいても熱中 症になってしまう方が増えています。

部屋の中にいても、気温や湿度には注意して、快適な環境で

過ごせるよう、エアコンや扇風機を使用するようにしましょう。

 

☆十分な睡眠をとる

 

睡眠不足によって自律神経が乱れます。

これが熱中 症になりやすい身体を作ってしまいます。

規則正しく、十分な質の良い睡眠をとるために夏場の寝室は、

エアコンなどを使用して快適な環境を作るようにしましょう。

 

☆急な気温の上昇は危険

 

夏場は急に気温が上昇します。

そういった気温の上昇で熱中 症患者が急激に増加する傾向

にあります。

天気予報でしっかりと気温をチェックして、急激に気温が上昇する

ときは、いつも以上に体調などに注意するようにして下さい。

 

 

まとめ

 

熱中 症とは何か、その症状と対処法や予防法をご紹介

しました。

 

症状が軽いからといってあまくみると、あっという間に重度な

状態に陥ってしまいます。

 

熱中 症かもしれないと感じたら、すぐに休んで水分補給など

の対処法を実践するようにしてください。

また、自分で予防することも大切です。

 

熱中 症は予防することができるので、今回ご紹介した予防法

をぜひ実践してみてくださいね。

私ごと
元気者
youkuru

自由に生活をエンジョイしているフリーランスです。
常に世の中のことにアンテナを張っていますが、取り分け身近なことから発信して行きます。

youkuruをフォローする
身体の管理
youkuruをフォローする
ご飯ではなくパンですよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました