テレワークデメリットは?コミュニケーションは取れるの? 助成金申請マニュアルも知りたい

テレワーク画像2 生活

新型コロナウイルス感染拡大防止のために、あらゆる企業では

自宅での勤務をお願いしているところが増えていますね。

そんなことからより一層広まった“テレワーク”。

 

テレワークとは、「tele = 離れた所」と「work = 働く」を

あわせた造語のことをいいます。

働き方のひとつで、情報通信技術を使って

いつでもどこでも柔軟に働くことができます。

在宅勤務、モバイルワーク、リモートワーク、

フレキシブルワークプレイスとも呼ばれます。

 

今まで職場に行って仕事をしていた人にとっては

新たにテレワークをするとなると不安に感じることも多いのでは?

企業側からすれば必要な機器の準備にかかる資金不足の心配も。

テレワークに対してのメリット、デメリットを理解して

不安を解消していきましょう。

 

 

 

テレワークのデメリットは何?コミュニケーションとの関係は?

テレワーク画像2

メリット

・通勤時間をなくすことができる

・住む場所を選ばない

・どんなときでも情報共有できる

・すきま時間を活用できる

・作業に集中できる

 

デメリット

・自分で時間管理しなければならない

・IT端末を使った仕事に限られる

・セキュリティリスクが高まる

・サービス残業が増える

・コミュニケーションが取りづらい

 

メリットとしては、IT端末を使える環境が自宅で準備することができるなら、

通勤時間もかけずに好きな時間に仕事をすることができます。

自宅なら家事、育児、介護などしている方もすきま時間をうまく活用できます。

 

また、自分の好きな場所でできることから、職場の人や電話など

気にせず集中してできるところもいいとされています。

 

 

デメリットは、自分で時間を管理して仕事をしないといけないので、

どれだけ働いたのか把握しにくくなってしまいます。

自宅にいる分、怠けてしまう時間が多くなってしまったり、

逆に長時間労働になってしまう恐れがあります。

 

仕事とプライベートをわけて時間の管理をすることが大事です。

セキュリティリスクも高まり、端末の紛失や情報が漏れないようにするなど、

対策や社内でのルールも決めておく必要があります。

 

また、社員同士で直接会って仕事することができないので、

コミュニケーション不足になることが懸念されています。

コミュニケーション不足は組織としてのチームワークを

悪くしてしまう恐れがあります。

 

情報共有がスムーズに出来なくて効率よく仕事できなかったり、

一生懸命に仕事に取り組んでいたとしても

上司からの評価を得られなかったりすることもあり得ます。

 

テレワークをうまく活用するのであれば、

コミュニケーション不足にならないための予防策を練っておくのも

よりよい仕事をするためには大事なことのひとつになってくるでしょう。

テレワークの助成金申請マニュアルについて

テレワーク

テレワークに取り組む中小企業事業主を支援する助成金というものがあります。

 

支給対象となる事業主

 

・労働者災害補償保険の適用事業主であること

・次のいずれかに該当する事業主であること

小売業(飲食店を含む)・・・資本または出資額5000万円以下、

常時雇用の労働者50人以下

サービス業・・・資本または出資額5000万円以下、常時雇用の労働者100人以下

卸売業・・・資本または出資額 1億円以下、常時雇用の労働者100人以下

その他の業種・・・資本または出資額 3億円以下、常時雇用の労働者300人以下

・テレワークを新規で導入する事業主であること

※試行的に導入している事業主も対象です

又はテレワークを継続して活用する事業主であること

※過去に本助成金を受給した事業主は、対象労働者を2倍に増加して

テレワークに取り組む場合に、2回まで受給が可能です

 

助成対象の取り組み

 

・テレワーク用通信機器の導入・運用

・就業規則・労使協定等の作成・変更

・労務管理担当者に対する研修

・労働者に対する研修、周知・啓発

・外部専門家(社会保険労務士など)によるコンサルティング等

 

事業実施期間中に必要な主な要件として以下があげられています。

・助成対象の取組を行うこと

・テレワークを実施した労働者が1人以上いること

 

期間は2020年2月17日〜同年5月31日が対象です。

 

詳しい申請方法等は厚生労働省ホームページにてご覧ください。

 

テレワークを導入するには必要な機器を準備するにも

資金不足でなかなか踏み出せないことも。

この際助成金にも頼りながらテレワークの導入を

検討してみてはいかがでしょうか?

私ごと
元気者
youkuru

自由に生活をエンジョイしているフリーランスです。
常に世の中のことにアンテナを張っていますが、取り分け身近なことから発信して行きます。

youkuruをフォローする
生活
youkuruをフォローする
ご飯ではなくパンですよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました