幼児の食事の時間の目安ってあるの?ダラダラ食べの悪影響って?

離乳食
>>>▼▼▼ 全品送料無料のお試しサンプル! ▼▼▼<<<

幼児の食事の時間の目安はあるのかどうか、どのくらいの
時間をかけるのが適切なのかなどを調べてみました。

だらだらといつまでも食べさせているけど、それは本当に
子供にとっていいのでしょうか?

幼児の食事の時間の目安や、どうすればその時間内で
食事を終わらせることができるのかなども併せてご紹介
していきますね。

 

幼児の食事の時間の目安ってどのくらいなのか

幼児の食事

幼児の食事の目安ですが、食べるスピードには個人差が
あるとはいえ、目安としてはだいたい30~40分とされて
います。

幼児が集中できる時間というのは、長くて30分といわれ
ているので、その時間内で終わらせるようにするのがいいで
しょう。

テレビをみながらだったり、おもちゃを触りながらだったり、
とにかく子供に食べてもらいたいからといろいろ工夫されて
いる方が多いです。
ですが、やはり食事に集中して食べるというのが、目安時間
で終わらせる一つのコツにもなります。

ぜひ食事の時間は、テレビも消し、おもちゃなど気が散るような
ものは片付けて、楽しく声掛けしながら笑顔で食べるように
しましょう。

 

ダラダラ食べによる悪影響とは?

幼児の食事の時間の目安は30~40分程度ですが、やはりなかなか
難しいもので、ダラダラと食事がいつまでも終わらないという
お子さんもいらっしゃいます。

そのことが子供にとって悪影響となってしまうことを知っておき
ましょう。

★消化に悪い

ダラダラ食べをしてなかなか食事が終わらないことについつい
怒ってしまったことがありませんか?
それが子供にストレスを与えてしまい、結果、消化を悪くさせて
しまうことにつながってしまいます。

★食事=ストレス

ついつい食事中に怒ってしまう。
そんなことが食事の度にあると、親だけでなく子供もストレスを
感じてしまいます。
本来楽しいはずの食事時間が、親にとっても子供にとっても苦痛な
時間となってしまうのです。

★栄養不足になる

ダラダラと食べていると、結局食べきれないことが多いですよね。
そういったことを繰り返すと栄養不足になる可能性があります。

 

幼児の食事の時間を目安内で終わらせるコツ!

幼児の食事の時間を目安の30~40分以内で終わらせるには
いくつかのコツがありますのでご紹介します。

◇具材は食べやすい大きさに!

できるだけ一口でパクパク口に入れられる大きさにしてあげて
ください。
面倒かもしれませんが、一つずつかわいいピックをさしてあげる
だけでも喜んで食べてくれるはずです。

◇親も一緒に楽しく笑顔で食べる

一人で食べられるようになってくると、食事を出して座らせて
食べている間にママは家事をする。
よくある光景ですが、これはNGです!
食事タイムは親子のコミュニケーションタイムでもありますので、
必ずお子様を一緒に食事をしてあげましょう。

◇とにかくほめる!

完食したらもちろんですが、食事の途中でも上手にお口に入れ
られたり、ゴックンできたら「上手にできたね~!」と大げさな
くらい褒めてあげて下さい。
また、なかなか進まないなというときは、
「ごはん食べられたら一緒に何して遊ぶ?」
というふうに、食後の楽しい時間を想像させてあげるのもおすすめ
です!

◇子供が喜びそうな配膳を考える

ちょっとしたことで面倒ですが、お弁当箱にいれてあげたり、時間
があるなら好きなキャラクター風なごはんを作ってあげるのもいい
ですね。
いつもと違った感じにしてあげることで気分が上がり、同じ食事
でもいつもより美味しく感じ、食も進みやすくなります。

私の息子の場合、好き嫌いが多く苦労しましたが、お弁当箱
作戦をよくやりました。
お弁当箱にすると、ビックリするほど食べるのが早い!
きっとそれだけで美味しく感じていたのだと思います。

具材を小さく切ってピックに刺したりしたこともありました。
最初は食べてくれたのですが、数回やると、ピックでおかずを
さしまくって遊んで終わりということをするようになってしまい、
その後はピック作戦はやめました。

食後のゼリー作戦もやったことがあります。
食後に大好きなゼリーを用意して、ごはんと一緒に出します。
これまた息子にはかなり効果があり、時間内ですんなり食べ
てくれるようになりました。

小学生になった今は、早食いするので困っています。

 

まとめ

幼児の食事の時間の目安は30~40分程度です。
この時間内に食べ終わるよう、いろいろ工夫してみてください。

とはいえ、子供によってどの方法が一番いいのかはわかりません。
ただ、

・子供と一緒に食事をする
・食事中は怒らない
・テレビは消す
・気が散るようなおもちゃなどは片付ける

これらは基本的なことですので、必ず実践することをおすすめ
します。

→ ネギトロ加熱についての記事はこちらでご覧になれます

 

赤ちゃんの「オおなかすいた!」にサッと対応したいママに↓↓↓

 

赤ちゃんの記念を残しておきませんか↓

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました