Kirala空気清浄機 KAH-139Sの口コミは?電気代はどうなの?フィルター交換はできる?

この記事は約6分で読めます。

 

Aria Sの口コミについて調べてみました。

 

電気代やフィルター交換ができるかどうかについても書いています。

 

Aria Sの特長について詳しく紹介していきます♪

 

オゾンの力で空気を浄化する空気清浄機に興味がある方、花粉やコロナ対策として空気清浄機を探しているという方の参考になれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク

Kirala空気清浄機 KAH-139の口コミをリサーチ

Aria Sはまだ発売して間もなく、口コミが少ないので旧型のAriaの口コミと合わせて見ていきましょう。

 

Kirala空気清浄機 KAH-139の悪い口コミ

・加湿機能がない

・値段が高い

・操作パネルが角度によっては見づらい

・箱から出すのが大変

・運転中のディスプレイの点滅が気になる

・少し音が大きい

 

Kirala空気清浄機 KAH-139の良い口コミ

・イヤな生活臭がなくなった

・花粉症のくしゃみがおさまった

・デザインがシンプルで部屋に馴染む

・スタイリッシュでおしゃれ

・操作がシンプルで分かりやすい

・薄型で場所をとらない

・オゾンのにおいも気にならない

 

Kirala空気清浄機 KAH-139の口コミまとめ

操作パネルが見づらいとの声や加湿機能がついてないのが惜しいといった声もありましたが、イヤなにおいがなくなった、花粉症がラクになった、など効果はみなさんばっちり実感されているようですね!

 

オゾンのにおいも微かに匂う程度でそこまで気にならなくて安心したとの声もありました。

 

デザイン面でも満足しているという内容の口コミも多かったですよ^^

 

スポンサーリンク

Kirala空気清浄機 KAH-139の電気代はどうなの?

メーカー公式サイトによると、Aria Sの電気代の記載は見つかりませんでしたが、Ariaで1日10時間使用したときの1か月の電気代は強で約518.4円、中で約381.6円、弱で約158.4円とのことでした。

 

24時間つけっぱなしで使用したとしても強で約1244.1円、中で約915.8円、弱で約380.1円の計算になります。

 

エアコンに比べると電気代は安いですが、電気代を節約したい方は中や弱で使用するのがおすすめです。

 

また、部屋の大きさに合っていないと効率が悪くなってしまうので適用畳数に合ったお部屋で使用するようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク

Kirala空気清浄機 KAH-139のフィルター交換はできる?

Aria Sは、Aria・Aria Pro・Aria S・Aria Pro S共通の集じんフィルターと脱臭フィルターがセットになったフィルターセットが別売りされており、交換可能です。

 

交換の際にはフロントパネルを外し、脱臭フィルター、集じんフィルターの順で取り付けてくださいね。

 

フィルター交換の目安は、1年に1回程度。

 

使用環境によっては交換時期が短くなることもあるので、効果がなくなってきたと感じたら交換してみてください。

 

スポンサーリンク

Kirala空気清浄機 KAH-139の特長

Aria Sの特長はオゾンによって空間を除菌できるということ。

 

オゾンには大気を浄化する性質があると言われており、オゾンによって除菌・脱臭が行われたあとには酸素だけが残るので安全性が高いといえます。

 

従来の空気清浄機では浮遊ウィルスに有効だったのに対し、オゾンによる除菌・脱臭は浮遊ウィルスだけでなく付着しているウィルスにも対応しており、接触感染による感染症のリスクも軽減することが期待できます。

 

Aria Sでは約15畳(24.3㎡)までの空気清浄(脱臭・集じん)、約15~20畳(24.3~32.4㎡)までのオゾン除菌が可能です。

 

その他の機能については次に説明していきます♪

 

①新機能

Aria Sには新機能として以下の3つが搭載されました。

 

・二酸化炭素濃度検知センサー

室内の二酸化炭素濃度を自動で検知し、換気が必要な目安をお知らせします。

 

・常時運転可能

旧型のAriaではタイマー機能を設定しないと12時間で自動で電源が切れるようになっていましたが、Aria Sでは常時運転モードも選べるようになりました。

・チャイルドロック

小さいお子様がいるご家庭でも安心して使っていただけます。

 

②高性能6層フィルター

集じんフィルター3層、脱臭フィルター3層の全6層のフィルターを採用しています。

 

集じんフィルターでは花粉、ほこり、PM2.5、ホルムアルデヒドや有害ガスなども吸収・分解します。

 

性能の高い集じんフィルターとして有名な「HEPAフィルター」も搭載しています。

 

脱臭フィルターでは活性炭フィルターを搭載しており、においや有害ガスを吸収して除去します。

 

たばこやペットのにおいが気になる方にもおすすめです。

 

③安心機能

オートストップ…室内のオゾン濃度が上がりすぎないよう、最大2時間でオゾンの発生がストップされます。

 

セーフティロック…本体を稼働させただけではオゾンは発生せず、オゾンスイッチを3秒間長押しすることでオゾンが発生します。

 

空気中のオゾン濃度が上がりすぎるとオゾン特有のにおいで場合によっては気分が悪くなることもありますが、Aria Sでは人体に影響がないとされる0.1ppm以下に設定されており、上記のようなオゾン濃度が上がりすぎないようにする工夫もされているので安心してお使いいただけます。

 

④カラーバリエーション

Aria S ではホワイトに加え、新色として要望の多かったブラックが登場しました。

 

お部屋の雰囲気に合わせて選んでみてください。

 

スポンサーリンク

Kirala空気清浄機 KAH-139のまとめ

加湿機能がなく値段も高い…との口コミもありましたが、においや花粉が気にならなくなった、デザインもシンプルで気に入った♪と満足されている方が多いように感じました。

 

電気代はエアコンに比べると安く、風量を中で24時間使用した場合で約915.8円(Ariaの場合)。

 

交換用のフィルターも発売されており、交換目安は1年に1回です。

 

Aria S最大の特長はオゾンによる除菌ができるということ。

 

浮遊ウィルスだけでなくドアノブや机などに付着したウィルスに対しても効果が期待できるのでウィルス対策として空気清浄機の購入を考えている方にもおすすめです♪

家庭電化製品
えくまをフォローする
スポンサーリンク
我が家の笑い
タイトルとURLをコピーしました