貯金が苦手な私でもできた方法がこれ!月3万円貯められるようになりました

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

家賃に光熱費、携帯代などの固定費に、食費や交際費。

ご祝儀などの特別日に美容費に…

とにかくお金がいくらあっても足りない!!!!

 

そんな貯金が苦手で毎月0になるまでお金を使っていた私が

毎月3万円貯金できるようになった理由をお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク

貯金が苦手になった理由。

私は子供のころは、貯めたお小遣いでほしいものをパーッと買って、

また貯めてパーッと使うタイプでした。

 

高校生になると、自分でバイトして月に7万円ほど稼ぐようになりました。

 

田舎育ちで、周りは部活している友達が多かったのでお小遣いで生活している子が多く、

お金を使うところがそんなに無かったので、高校生の時は貯金が自然とできていて、

高校3年生の時には50万円ほどの貯金がありました。

 

しかし、大学受験をきっかけにバイトを辞め、それでも携帯代やおやつなど

ちょっとずつ貯金は減っていき、極めつけは大学受験が終わった後に自動車免許を

取得したのですがその費用で30万円が無くなり、大学入学に備えて服などを

購入しているとついに貯金は0に……!!!!

 

そこで私は、

「あ、お金って貯めてもなくなるんだ…。じゃあ貯めるだけ無駄じゃーーーーン☆☆」

と思ってしまったのです。

 

スポンサーリンク

貯金が苦手な私が方法を探し始めた

大学生の間も、貯めてもどうせ無くなるなら、全部使って思う存分楽しみたい!!

と思っていた私は大学4年間本当に貯金が0でした。

バイトしただけ使うというサイクル、

常に入ってくるお金と使えるお金の計算をしていました。

 

社会人になったらさすがに貯金できるだろうと思っていたのですが、

1年目のころはお給料も少ない上に、大学4回生の時にクレジットカードで

ボーナス払いにしていたお金の支払いなどで貯金どころではありませんでした。

 

社会人2年目になって少しずつ貯められるようになったのですが、

交通事故で車が廃車になり、新しい車購入のためになんなら借金をする始末。

 

社会人3年目で歯列矯正を始め、貯めては無くなるの無限ループ。

 

周りの友達は年に100万円貯めているなんて話を聞いて、

このままではいけない…!とさすがに焦り始めた25歳の私。

 

様々な貯金をするための本などを読んで、貯金に必要なことを調べました。

 

まず、貯金をするには

「支出を減らす」もしくは「収入を増やす」

このどちらかが必要だということがわかりました。

 

しかし、いきなり収入を増やすのは無理…じゃあ今できるのは支出を抑えるしかない!

という結論に至りました。

 

支出を減らすために私がしたことは、「固定費の見直し」です。

具体的には、格安SIMへの変更、サブスクの解約、光熱費、食費の見直しを行いました。

 

そして、スマホで家計簿もつけるようにしました。

 

スポンサーリンク

貯金が苦手でも月3万円貯金できた方法!

ずっと面倒くさがってまあいっか☆と思いながらずるずるとお金を払っているものが

たくさんあったことに気付きました。

それらを見直すことで一つ一つは少しでも、随分固定費を減らすことに成功しました。

 

家計簿は無駄を見つけることもできますが、それよりもまずお金を使うことに

意識をするようになります。

 

自分が何にお金を使っているか、果たして本当に欲しいものなのか考えるようになりました。

 

そうするとなんだか楽しくなってきて、ふるさと納税やつみたてNISAを始め、

ついにコンスタントに月3万円貯められるようになり、ボーナスもほぼ全額貯金

できるようになりました。

 

手続きって面倒くさいし、そんな面倒なことするくらいならお金払うわ!!!!!

と謎にそして無駄に強気だった自分を殴りたいくらいもったいないことを

していたなあ…と今は思います。

 

せっかく頑張って自分で稼いだ貴重なお金を大切に使ってあげたいと思うように

なったのです。

 

スポンサーリンク

貯金が苦手でもできた方法:まとめ

貯金がなかったころの自分は、贈り物などにも「ああ出費が…」と

躊躇う気持ちになったり、交際費にも「今月お金ないのにな…」と

暗い気持ちになったり、お金に縛られて生きていたように思います。

 

貯金があるだけで、素直に贈り物も買えるし友達とも遊べるし、

仕事がつらい時も辞めても何とかなると思えるだけで気持ちが軽くなりました。

 

貯金をするようになってお金の余裕は心の余裕だとひしひしと感じます。

 

貯金が苦手すぎる私でもできるようになったので、

ぜひ少しずつでも貯金を始めて豊かな人生を送ってほしいと願います。

生活
スポンサーリンク
えくまをフォローする
我が家の笑い
タイトルとURLをコピーしました